新型コロナウイルス感染防止対策について(令和5年1月31日)

本永福祉会では、全職員に対応マニュアルを配布するとともに、常に最新情報を共有し、感染防止に努めています。現在も全職員に対して隔週の定期検査を実施し、安全性を確保できるよう努めております。また、12月には希望する利用者及び職員に対して5回目のワクチン接種及びインフルエンザワクチンの接種を実施しました。

本日、特別養護老人ホームの利用者1名の感染が確認され、施設内療養となりましたため、感染拡大防止のための措置を取らせていただいております。

みその寮ショートステイサービス・デイサービスセンターみその・ホームヘルプサービスみその・在宅介護支援センターみそのの4つの在宅サービスについては、細心の注意を払いながら、サービスを継続して実施できています。

ショートステイについては、広島県の感染防止対策の拡大に伴い、ご利用前の抗原定性検査の実施にご協力いただいて、陰性確認をおこなったうえでサービスをご利用いただいています。

特別養護老人ホーム御薗寮の利用者の方に対する面会については、全国的に感染が収束していないため、現在のところ「窓越し面会」と「オンライン面会」に限らせていただいております。

引き続き、ご心配とご不自由をおかけいたしますが、ご利用の皆様とそのご家族、職員とその家族の生命と健康を守るための措置であることをご理解いただき、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

本永福祉会の地域貢献活動

社会福祉法が改正され、社会福祉法人の責務として「地域における公益的な取り組み」を行うことが規定されました。
また、地域包括ケアシステムを推進するためにも、地域への支援体制は欠かせない取り組みとなっています。
本永福祉会では、社会福祉法人として本来の役割を果たすため、
これからも積極的に地域に貢献する取り組みを行っていきます。

詳しくはこちら

東広島SDGs未来都市パートナーに登録しました 

SDGs(持続可能な開発目標)とは、このままでは世界が持続不能であるとの危機意識のもと、 2015 年の国連サミットで採択された2030 年までに持続可能でよりよい世界をめざす国際目標です。17 のゴールと 169 のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない」ことを誓っています。

本会は、「ゴール3 すべての人に健康と福祉を」「ゴール8 働きがいも経済成長も」「ゴール11 住み続けられるまちづくりを」を行動指針に設定し、「SDGs未来都市東広島推進パートナー制度」に登録しています。

SDGs未来都市ひがしひろしまのページ

 


      「すべての人に健康と福祉を」

     「働きがいも経済成長も」   

    「住み続けられるまちづくりを」

令和4年度の法改正に対応して「行動計画」等を策定しました。(令和4年4月)

      改正女性活躍推進法及び次世代育成支援対策推進法に基づき。令和4年4月1日から3年間の「一般事業主行動計画」を策定しました。             

併せて、年次有給休暇の取得における「半日有給 休暇制度」の導入、「育児・介護休業歩」改正に伴う休暇取得要件の緩和、「産後パパ育休」制度

の前倒し導入、パワハラ防止措置の中小企業への義務化に伴うハラスメント対策の 強化など、より働きやすい就業環境づくりに向けた取り組みを

進めています。                                                            

お問い合わせ

特別養護老人ホームやデイサービス
などの当施設に関するご質問は、
電話やお問い合わせフォームより
受け付けております。

TEL / 082-434-0455
FAX / 082-434-0465

お問い合わせフォーム

外部リンク

応援している方々のリンク先となります

 

初めての施設介護は「みんなの介護」↓
ベージュ地に街並みと太陽のイラストをあしらった老人ホーム検索サイト「みんなの介護」のバナー 
「みんなの介護」トップページはコチラ